[Song] My Chemical Romance | Real Thing


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | permalink | - | -

I Don't Love You / My Chemical Romance

I dont love you


ねえ、行ってしまうつもりなら
俺が君を思い留まらせようとするなんて思うなよ
だってもし君が戻ってきたって
俺は違う道を見つけて歩いているんだから

これまでずっと一緒に過ごしてきた時間の果てに
君に何の価値もなかったのかどうかなんて俺にはわからないけど
君はその手袋を持って出て行けばいいよ
立ち上がって
今のうちに行っちまえばいい

行ってしまうつもりなら
せめて振り返って言ってくれよ
「もうあなたを愛していないの 昨日までのようには」

哀願しながら泣き叫んだこともあったね
病み、疲れ果て、打ちのめされたこともあった
だけどベイビー 落ち込んでどうしようもないときこそ
何とか踏みとどまらなきゃいけないんじゃないか

これまでずっと一緒に過ごしてきて
血を流すような思いをしてきたっていうのに
金を手にしたってもう辛くなるだけ
だから君は眼をはっきりと見開いて起き上がるんだ
起き上がったほうがいいよ
そして今のうちに行っちまえばいい

行ってしまうつもりなら
せめて振り返って言ってくれよ
「もうあなたを愛していないの 昨日までのようには」

ああ お願いだ 頼むから

行ってしまうつもりなら
せめて振り返って言ってくれよ
「もうあなたを愛していないの 昨日までのようには」

もうあなたを愛していないの
あなたを愛してた昨日までのようには

もうあなたを愛していないの
あなたを愛してた昨日までのようには



何かこれ、歌詞だけ読むと沢田研二の「勝手にしやがれ」を思い出すんですけど(爆)

失恋の歌は数多くあれど、強がりを言いながらみっともなく情けない姿を晒す歌って、私 好きなんですよね。
かっこいい男がかっこ悪い姿を晒すのはかっこ悪くないから、かっこいい歌に聴こえるんだろうと思うけど(ややこしいな)。

恋人同士だった時間が長い短いに関係なく、別離の訪れのときはたぶん
「今まで2人で過ごした時間は何だったんだろう」
と思うんじゃないでしょうか。まるでそれらの時間を切り落とされたような・・・。

恋人が無価値なひとだったとは思いたくない。2人の時間が無駄だったとは思いたくない。重ねてきた時間を否定することは自分の時間を否定すること。

無駄じゃないんですけどね。
こういう痛みがこの世の中に「在る」ということを知る という意味では。

彼らのインタビューによるとこれは「死の間際に思い出す失恋の記憶」なんだそうで。
そうしてみると失恋という傷は一生引きずるんだなあと。自分の身に残った手術痕なんかもそうですが、一旦付いた傷は「無かったとき」のようには戻りません。
一生、この傷痕を抱えて生きていくんですよね。これは心の傷も同じだと思うな。
元気に普通に生活しているときにはそんな傷痕も気にならないものですが。

でも死の間際に思い出してもらえるような恋だったら、ちょっと嬉しいかもしれないな。
JUGEMテーマ:ROCK



[Song] My Chemical Romance | permalink | comments(2) | trackbacks(0)