Paradise City / Guns N' Roses | Real Thing


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | permalink | - | -
<< (Just Like) Starting Over / John Lennon | main | Obscured / Hanoi Rocks >>

Paradise City / Guns N' Roses

GNR


連れて行ってくれパラダイスシティへ
草は青々として 少女達はみんなかわいい
うちへ連れて行ってくれ

下町育ちのいたずら小僧
俺は手強いぜ ちょっとやそっとじゃくたばりやしない
哀れなチャリティー対象さ
だから何か食い物をおごってくれよ
いつか支払うからさ
最後の最後までひきずってくぜ

貧乏人から金持ちになれる
なんて人は言うけど
富と名声のためには頑張り続けないとね
全てはギャンブルなんだからさ
ただのゲームなのに
死刑に相当する犯罪みたいに言うんだな
みんな自分の刑期を務めているのさ

連れて行ってくれパラダイスシティへ
草は青々として 少女達はみんなかわいい
うちへ連れて行ってくれ

街のガス室の椅子に縛り付けられて
どうしてここに居るのか思い出せない
公衆衛生局のお偉いさんは
吸い込むだけで有毒だって言ってたっけな
煙草をもう1本吸いたいんだけど
よく見えないんだ
あんたは誰を信じるのか教えろよ

こんなにも遠く
こんなにも遠く
こんなにも遠く
こんなにも遠くへ!

キャプテン・アメリカはバラバラになっちまった
今じゃ奴は傷ついた心を抱えた法廷の道化師
奴は言ったよ
俺をもう一度スタート地点に連れ戻してくれ
狂っているのに違いない・・・
“あんた目が見えないのかい?”
俺は総てを何度も見てきたんだぜ

俺は行きたいんだ
俺は知りたいんだ
俺を連れていってくれないか

俺は見たいんだ
ああ、俺を見てくれ

連れて行ってくれパラダイスシティへ
草は青々として 少女達はみんなかわいい
うちへ連れて行ってくれ

Appetite for Destruction
Appetite for Destruction
Guns N' Roses

ウェルカム・トゥ・ザ・ビデオ
Welcome To The Videos
Guns N' Roses

うちの元HPやメインBlogのタイトルに使用した「Paradise City」。なのに一度も取り上げたことがないってどういうこと(爆)
うーん Gunsの曲って歌詞に深い意味は殆どないですから・・・。歌詞を切り口にすると特に書くことがみつからないんですよねホント言うと。曲はもう今更言うまでもなく大好きなんですが♪
GunsのPVのなかではこれが一番好きです。全篇に渡ってスタジアム・ライブの映像が使われているのが何とも言えません。オリジナル・メンバーでのライブ映像は貴重だし、この時期のアクセルはホント美青年でかっこいいしIzzyもクールだしSlashも渋かっこいいしDuffもいい兄ちゃんだしStevenはどっかユルいし。
この曲の合間に吹かれるホイッスル、あれはアクセルだからキまるホイッスルなんだよ。
白いライダース・ジャケットにGunsロゴのバックプリント・・・80年代っぽいですね今見ると。

Gunsがオリジナル・メンバーで活動していた期間はメジャー・デビューから僅か3年ほどのあいだ。
Stevenがクビになり、その1年後の2ndアルバム発表後にIzzyが脱け、活動が徐々にアヤしくなっていき・・・以来フルアルバムが出ていないんですよね〜(苦笑)

ま、とにかくアクセルは問題児です。
こいつに凹まされたことはもう数知れず。初来日のNHKホールでのライブは9曲でやめて帰っちゃうもんだから観客は「金返せ!」って騒ぐしねえ。その来日公演の追加公演は武道館でやたら機嫌が良かったと言いますから益々腹がたつ。だって追加でしょ!先にチケット買ってたひとが沢山居てこその追加なんだよ!?全くもう・・・。
バンドに対して腹立たしく悔しく情けない思いを味わったライブはあのときが最初でした。泣いているファンも居たらしい。私も泣きたかったですマジで。惚れている相手にフラれたような気分といいますか・・・もう目の前は真っ暗(大袈裟でなく)。

しばらくは腹の虫が治まらず、「もうGunsなんか嫌いだー!もう絶対聴かない!」という駄々っ子のような気持ちだったのですが・・・同じ頃リリースされた「GN'R LIES」をラジオなんかで聴いてしまったらもうダメ。嫌いになんかなれません。惚れた相手を無理無理嫌いになるっていうのは辛いものです。それって、どっか無理があるから。だからそういう無理はやめて、好きなものは好きと人間性なんか別にどうだっていいよと。そう思っちゃうんですよアクセルが相手だと。はい、馬鹿と読んで貰って構いません(笑)

やっぱり今でもアクセルはろくでなしなので、ニューアルバム「チャイニーズ・デモクラシー」だって「今年出すよ」と言いながら何年も経ち結局今年も出ずじまい。某所では「出す出す詐欺」とまで言われる始末(爆)
でもね〜おかしいんだけど、世界中のGunsファンはアクセルの悪口を言いながら呆れながら実は帰ってくるのをずうっと待ってるんだよね。ここまで裏腹な気持ちにさせるバンドもそうないだろうな。



JUGEMテーマ:GUNS N’ ROSES



[Songs] Guns N' Roses | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

スミマセン、いつもの事ながら
Duffを目で追ってしまいました(笑)

>なのに一度も取り上げたことがないってどういうこと(爆)

あ、言われてみればそうでしたね^^
それだけ思い入れが深いってことで☆

フレディの追悼ライブで、1部の大トリだった時にも
これ、歌っていましたけど
そのカッコ良さは「トリで当然」でしたもんねぇ(遠い目)

>馬鹿と読んで貰って構いません(笑)

ファンに一度も葛藤を抱えさせたことの無いバンドなんて
逆に味気ない気がしますよ、私には(笑)
恋愛に似たようなもので、そういう時期を乗り越えて
互いの愛情を確認しあう作業もたまにはいいモノです

とりあえずは生きててくれよ、って思うもん(苦笑)
みっちぃ | 2006/12/28 4:20 PM
★ みっちぃさん

>恋愛に似たようなもので、そういう時期を乗り越えて
互いの愛情を確認しあう作業もたまにはいいモノです

いやあ、アクセルに惚れると片思いですよ 一生(笑)
全然振り向いてくれない人ですから。

う〜ん葛藤したのはU2にもありました。やっぱり長く付き合っていると受け容れられることばかりではないんだよね。
まあ彼らの場合はちょっと別なところに居るので特別な存在なのですが、私にとってGuns(アクセル)っていうのは例えると振り向いてくれない恋人のようです(爆)オリジナルフルアルバムは15年出ていないですから・・・。
こっちはいい加減にしろてめえ!とキレそうになることも(笑)

でも

>とりあえずは生きててくれよ

って私もすごく思うので・・・。
まだ未来がある と思えれば、少なくとも待っていていいんだものね。
そう思って大人しく待っていることにします〜
nonkey37 | 2006/12/28 6:03 PM
しょうもないことを書いて申し訳ないんですが、私はこの曲の歌詞でいつも思い出しちゃうんですよ、「帰ってきたヨッパライ」を(爆) だって「酒はうまいしネーチャンはきれいだ」ですからほとんど同じだし。

さて、「チャイニーズ・デモクラシー」は来年3月6日リリースとアクセルは語っているそうですが、いったいどうなるのでしょう?本当に皆待っているんだから、来年こそは・・・というか、まだいじるところがあるわけ? やっぱり常人にはついていけないものがありますね。そりゃああんな人間に惚れたら大変だわ(笑)
kingdow | 2006/12/30 3:51 PM
★ kingdowさん

>「帰ってきたヨッパライ」

うわ 核心突きましたね(爆)
私もGunsの歌詞はホント特に何がどうってことのないもんだよなと思います。
まあ昔から「俺はハイウエイスタ〜〜〜(Deep Purple)」とか「一晩中ずっと〜(All Night Long)」とか意味を考えると笑ってしまいそうになるのがROCKでは普通なので(あ、私はレインボー派でした・笑)

>まだいじるところがあるわけ? 

思うんですが、結局、彼は脱退したメンバーの音源をそのまま使うのが嫌なんじゃないかと思うなあ。バケットヘッドに印税を渡したくないんじゃないかと(爆爆)
そうなるとパート丸々録り直しになっちゃうんで延びてるんじゃないのかとか。
あくまで妄想ですが、ありそうな感じしませんか?(でも、それじゃ一体いつ出るんだ・・・汗)
nonkey37 | 2006/12/31 5:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://real-thing.jugem.jp/trackback/12
この記事に対するトラックバック