God / John Lennon | Real Thing


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | permalink | - | -
<< Obscured / Hanoi Rocks | main | God Part / U2 >>

God / John Lennon

lennon


神とは自分の苦悩を計る概念にすぎない
もう一度言う
神とは
ひとが自分の苦悩を計るための概念にすぎないのだ
僕はマジックを信じない
僕は易占いを信じない
僕は聖書を信じない
僕はタロットを信じない
僕はヒットラーを信じない
僕はイエス・キリストを信じない
僕はケネディを信じない
僕は仏陀を信じない
僕はマントラを信じない
僕はギータを信じない
僕はヨガを信じない
僕は王と名の付くものたちを信じない
僕はエルビス・プレスリーを信じない
僕はボブ・ディランを信じない
僕はビートルズを信じない
僕はただ僕を信じる
ヨーコと僕を
そしてこれが現実
夢は終わった
今さら何を言えばいい?
夢は終わった
昨日
僕は夢織り人だった
だけど今僕は生まれ変わったんだ
僕はセイウチだった
けれど今、僕はジョンだ
だから親愛なる友たちよ
君らもまた自分の道を歩んでくれ
夢は終わったのだから

John Lennon/Plastic Ono Band
John Lennon/Plastic Ono Band
John Lennon



邦題は「ジョンの魂」(1970年リリース)。

ビートルズやジョンの曲について書かれた記事や書物は数多いですがbeatodyssey.comKennyさんが書かれた「Mother  ユング心理学とジョン・レノン」はジョンに対する深い洞察と愛情を感じることができる素晴らしい作品です。これは「レビュー」なんて形容とは一線を画する「作品」と呼ぶに相応しい読み応えで何度読んでも感じ入るところが多々あります。
『John Lennon / Plastic Ono Band』で著された
・・・「I was the walrus. But now I'm John(僕はセイウチだった。でも今はジョンなんだ)」という言葉には、ビートルズの一員という偽りの自分との決別、そしてヨーコと共に生まれ変わった新しい自分の幕開けを示していた。
しかし、その言葉には自信というものが全く感じられない。もし、ビートルズとの別離がヨーコによって提案されたものだとしたら、ジョンは喜んで従ったであろうし、歌声ももっと確信に溢れていたであろう。しかし、この曲におけるジョンの弱々しい歌声は、このビートルズとの別離がジョン一人の決定だったことを物語っている。だからこそ、この曲も言いようのない孤独感と悲壮感に満ちているのである。
という部分は「God」という曲の本質を簡潔に言い表しています。
アルバム「マジカル・ミステリー・ツアー」収録の「I am the walrus」という曲でも「walrus(セイウチ)」という単語をJohnは使っていて、これは「鏡の国のアリス」に出てくる「セイウチと大工」から引用したということを彼は後にインタビューでも語っているのですが、walrusとは何かという疑問には今尚多くのビートルズ・ファンが色々な考えを持っているのですね。私はwalrus=ビートルズであるというKennyさんの説「セイウチは誰なのか」にとても共感しましたので、そちらを踏襲させていただきます。
彼は、「自分の歌があまりカバーされない」ってしょげてたこともあったわ。ポールの曲の方がカバーされるって。でも、「それはあなたの曲がちょっと難しいから敬遠されてるのよ」って。
(オノ・ヨーコ)
Yahoo!ミュージック - 生誕65年ジョン・レノン
こちらは2005年の「ジョン・レノン・スーパー・ライブ」前に来日したヨーコさんがインタビューに答えた言葉。
これが1ヶ月ほど後に音楽シーンでトラブルの種になった様子。彼女の言葉が「ポールの曲を軽んじた発言」と受け取られたらしく、謝罪騒動にまでなったのですね。
でも、ごく普通に受け取る限りではポールを殊更に批判したという印象はありません。
ジョンにもそんなことを気にするかわいらしい一面があったのだ というエピソードを紹介してくれた言葉だと思うのですが、メディアはそう捉えないのですね。ヨーコとポールの溝の深さ、これは当人同士にしか解らない葛藤と経緯があると思うので、私はあまり触れずにおきたいことなのですがメディアは触れたくない部分を執拗に刺激しにかかるのです。
ポールも含めたビートルズのメンバーもヨーコも「遺された者」として痛みを抱えた人々なのに。両方のファンとしての眼で見ると、これは何だか哀しい。
対立を煽るかのような報道はかえって事実を見えづらくしてしまうので、誰にとっても不幸なことだと思えるのですが・・・。

非常に内省的で、まるでプライベートな告白のような「God」。
この曲が発表されたとき、ビートルズのファンはかなり衝撃を受けただろうなと思うのです。私はリアルタイムにビートルズを聴いたわけではないのでこれは想像でしかありませんが、かなりショッキングな歌だったろうなと。
「信じない」を羅列し、ビートルズとの訣別を歌い、自分は一人で、ヨーコと共に歩いていくから・・・と切々と歌っているのですから、ビートルズのファンであればあるほど聴く側も胸がさぞ痛かったでしょう。そのトラウマの残滓がまだメディアにもリスナーにも残っていて、ヨーコへの批判が思い出したように溢れ出すのかもしれません。
自分の「痛み」を曝け出すことは時に他人をも巻き込み、傷つけていく。その影響力が大きいということは取りも直さず彼に救われたひとも多いということなのですが、自分の痛みと他人の痛みを共有することはいつの時代でも不可能に近い。
それでも自分を表現することでしか生きていくことが出来ないアーティストの言葉を受け止めていこうとする人々が存在することが音楽の凄いところだし、そこに希望を持ちたいですね。

[Song] John Lennon | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://real-thing.jugem.jp/trackback/14
この記事に対するトラックバック