Stay (Faraway, So Close!) / U2 | Real Thing


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | permalink | - | -
<< I Don't Love You / My Chemical Romance | main |

Stay (Faraway, So Close!) / U2

Bono


青信号 セブン・イレブン
煙草を買いに立ち寄る君
君は煙草を吸わないし、吸う気なんてないのに
つり銭を確かめている君の姿は
まるでクラッシュした車みたいに眼を引くね
ひっくり返った車のホイールは空回りしてる
君は彼に殴られても何てことないわ なんて言う
傷つけられるときに生を実感するって
本当にそうかい?

赤信号 灰色の朝
地面の穴から這い上がる君
ヴァンパイアか、その犠牲者か
成り行き次第で立場は変わる
テレビCMを観ていた君
トーク・ショウに合わせたクチパクがお得意だったね

僕を見るとき 君の眼は遠くを眺め
話しているときも 相手は僕じゃない
そして
僕が触れても君は何も感じない

僕が傍に居れば 夜を恐れる事などないよ
ここに居て 
そうすればその日は大丈夫だよ
ここに居て 
そうすればその夜は充分だから

遥か彼方 とても近く
電波妨害とラジオ放送
衛生放送と一緒に
君はどこにでも飛んでいけるね
マイアミ ニューオーリンズ ロンドン
ベルファスト そして ベルリン・・・

君が耳を傾けようとしても 僕は呼ぶことすらできない
君が跳んだら そのまま堕ちていくだけ
君の叫び声が耳をかすめる

僕が傍に居れば 夜を恐れる事などないよ
ここに居て そうすればその日は大丈夫だよ
君が連れてきた悪魔と一緒に
君が見つけてきた精霊と一緒に
ここに居て 
そうすればその夜は充分だから

午前3時
静寂の中、周りには誰も居ない
ただ熱気と喧騒が漂っている処に
天使が舞い降りる
ただ熱気と喧騒が漂っている処に
天使が舞い降りる



映画ヴィム・ヴェンダース監督作品「時の翼にのって(1993)」のテーマソングに起用されたU2の曲。
前作「ベルリン・天使の詩(1987)」のわずか2年後にベルリンの壁が崩壊するなんて、当時誰が想像したでしょう。
壁崩壊のときの歓喜する市民の姿をテレビで観て「世界って変わることができるんだな」と実感したものです。
壁によって分断されたベルリンは東と西が文字通り「遥か彼方 とても近く」だったわけですよね。
世の中の歪みが日常に溶け込んでいた街に居ると、天使が降りてこないだろうかと考えたくなるのかもしれない。
東西ドイツ統一のあと様々な問題が表面化することになるわけですが、こんな数年で激しく社会情勢が変わってしまうと、作品に反映する世界も変わらざるを得ないわけで・・・

この作品では、天使の眼に映る世界はモノクローム。
ルーベンスの絵画に出てくるような愛らしい天使ではなく、くたびれたコートを羽織った中年の男性や女性だったりします。
天使の姿は人間に見えず、声も聞こえない。
人間が悲しんでいても慰める事もできないし、命を助けてあげることもできない天使達。
「わたしたちって誰を救うこともできないのに、どうして存在しているのかしら・・・」
と呟くのは登場人物の一人、天使ラファエラ。
永遠の命を持ちながら、現実にはひとを誰一人救うことができない天使。

ですが、個人的に特定の相手を救おうとしたとき、特別の好意を持ってしまったとき、天使は人間に変化します。
そのときやっと世界は色彩を持って現れるのですが、人間の世の中には毒々しい色彩も含まれていると天使はなかなか気付く事ができません。モノクロームでしか見たことがないから。

自分が存在する世界で疑問を持たずに生きていくことが可能ならばそれはひとつの平穏なのに、そこに安住することができない苦しさ。
この時期のU2ってちょっとそういう部分があったんじゃないかと思ったり・・・。

このPVの監督も映画と同じくヴィム・ヴェンダース。
映像作品としても、とても美しいです。
JUGEMテーマ:U2



[Songs] U2 | permalink | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/09 2:26 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/12 10:32 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2010/12/21 10:50 PM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/01/08 8:51 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2011/08/28 1:59 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://real-thing.jugem.jp/trackback/21
この記事に対するトラックバック