Southside Shuffle / J. Geils Band | Real Thing


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


- | permalink | - | -
<< NYC MAN The Ultimate Collection 1967-2003 / LOU REED | main | “40”/ U2 >>

Southside Shuffle / J. Geils Band

Bloodshot
Bloodshot/ J. Geils Band(1973)

ピーター・ウルフの「Do You Wanna Dance? 」・・・「踊りたくないかい!?」という掛け声から始まるナンバー「Southside Shuffle」
アルバム「Bloodshot」の中の1曲です。

彼らこそ踊れるロックの元祖です(笑)
カモン・ベイベー!」というベタベタな詞を唄わせたら、ピーター・ウルフが誰よりカッコイイと思ってます、私(爆)
カモン・ベイベー!なんて、何度も安売りしたらそらアホやろ? と思うんですがピーター・ウルフのカモン・ベイベーなら何度でもOK(笑)
R&B寄りの黒っぽいロック・バンドのなかで、アメリカのA・A・PなバンドといえばJガイルズでしょう。

歌声に対する生理的好みというのは人それぞれ違うと思うんですが、私、ピーター・ウルフの声はホント理由無く好きなんですよね〜 シビれます。

それに対して苦手な声質のヴォーカリストっていうのも居て、ラッシュのゲディ・リーさんとかZep時代のプラントさんとかボブ・ディランさんとかが何か苦手。曲はイイと思うのに、何故生理的に駄目なのか不思議。
これは声質の傾向だけの問題じゃないんでしょう。
Great Whiteのジャック・ラッセル 彼は非常にプラントさんに似ておられますが、彼の歌は好きなんですよね〜

Jガイルズはヒットが80年代に入ってからだったので、80年代のイメージが強かったのですが、実はとてもキャリアの長いバンドです。
実は“伝説の”ウッドストックに出演しないかと誘われていたらしいです。
当時、R&Bバンドはフォーマルな格好で演奏するのを自分達の矜持としていたので、「3日間も泥まみれになるのは嫌だ」と断ってしまったそうな。
何てカッコイイ断り方!と思う反面、出ていたらもっと早くワールドワイドなバンドになっていたかもしれないのに ともちょっと思う。
まあ、どこかB級っぽいところが彼らの魅力でもあるのですが。

もし、もし、タイムマシンがあって「実在した全てのバンドの中で、過去のライブを1本だけ見せてやろう」と神様が言ってくれたとしたら、私は迷わずJガイルズを観たいと答えるでせう(できればアメリカでの・笑)

[Songs] J.Geils Band | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト


- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://real-thing.jugem.jp/trackback/7
この記事に対するトラックバック